返済金が返ってくる

すでに完済していても請求できます

今現在、5年程度前に消費者金融から借りたお金を返済し続けている人や、すでに完済した人の中には、利息を払い過ぎた人も大勢います。そういった場合は過払い金返還請求をすることで、払い過ぎた利息分が戻ってきます。 どうして利息を払い過ぎてしまったかと言うと、利息には利息制限法と出資法と言う解釈の異なる2つの法律があります。消費者金融会社は、自分たちにとって利益が大きい出資法に基づいて利息を決めていました。いわゆるグレーゾーン金利です。しかし裁判によって利息制限法を適用することが正当であるとの判決が下りました。場合によっては10%も高い利息を払っていた人も大勢います。 過払い金を返してもらうのは当然の権利です。

自分で手続きするのは難しく、満足な金額にならないことも

過払い金の返還請求の仕方は、まず消費者金融会社から取引履歴を取り寄せます。それを基に引き直し計算をします。実際に支払ったグレーゾーン金利から、利息制限法内での金利を計算して過払い金がいくらあるか算出します。その後、消費者金融会社に請求書を送り、その後は相手側と交渉に入ります。和解交渉を進めていくのですが、決裂すれば裁判にもちこまれます。 以上の手続きを個人が行うと、非常に困難でしょう。法律に対して素人だとわかると、相手側が不当に低い和解金を提示することもあります。又、裁判などになると家族にもその事実が知れてしまうでしょう。 やはり、過払い金問題は弁護士や司法書士に依頼するほうが、納得の行く金額が返還されますし、簡単です。過払い金返還請求には10年の時効もありますし、相手側が倒産するとほとんど返還が不可能になります。 心当たりのある方は、早めに相談することをお勧めします。

Copyright © 2015 交通事故などの法律分野に弁護士を依頼|自分の身を守ルール All Rights Reserved.