交通事故の場合

交通事故に遭った時の対処法について

どんなに交通事故に遭わないように気をつけていても相手があることなので、避けることができず事故に遭遇してしまうことがあります。 車の運転中であればなおさらです。加害者であっても、被害者であっても交通事故に遭った時には正しい対処をすることが大切となります。 交通事故に遭った場合は、すぐに警察に届きます。怪我をしていないからとか、事故が小さいから通報しなくてもいいかなと思ってはいけないのです。必ず通報します。 また、怪我をしていなくても後から首などに痛みが出る場合があるので病院には行くようにします。 相手も、自分も運転中でお互いにぶつけてしまった時は、特に事故の状況を確認する必要があります。すぐにでも救急車を呼ばなければいけないような事故もあるので対応を間違えないようにします。 交通事故を自分だけで解決しようと思うことはとても大変です。後から弁護士に頼めばよかったと思うことがないように適切な対処をとるようにすることです。

弁護士に相談するタイミングについて

交通事故に遭ってしまった時には、お互いだけで物損事故だからと示談しないようにします。もし、被害者の立場で示談をしてしまうと後から痛みなど起きても慰謝料や治療費をもらえないということになってしまいます。 それよりも、警察に届けることと、怪我をした場合には治療中の段階で弁護士に相談することが大切です。 加害者側の保険の担当者から示談にしようと持ち込む可能性があります。対応に困るようであれば、常に間に弁護士に仲介に入ってもらうようにします。 そのためにも、弁護士に依頼した時に交通事故が起きた状況について詳しく説明しておくようにすることです。 弁護士に頼むことで、かかった治療費と慰謝料をもらうまでに早ければ3ヶ月くらいで示談が成立することもあるのです。そのためにも、交通事故に詳しい弁護士に依頼することが大切となります。

Copyright © 2015 交通事故などの法律分野に弁護士を依頼|自分の身を守ルール All Rights Reserved.